【02|14】 川上徹也(カワテツ)さん「仕事はストーリーで動かそう!」出版記念セミナー


2008年までは、全く縁遠い話であったが、現在の私の元には、「出版記念セミナー」や、「出版記念パーティー」のお誘いが届くことが増えた。今年参加した中で、最も「学び」が多かったのは、今回取り上げる、川上徹也(カワテツ)さんの、「仕事はストーリーで 動かそう!」出版記念セミナーであった。

seminar02
※参考:出版記念セミナー告知・申込みページ(終了セミナーの為、当然申込みは不可)
※参考: 川上徹也(カワテツ)さん公式ブログ

 

◆この出版記念セミナーの特徴は、本人のお話だけでなく、ゲストが多彩だったことだった。

ゲストの方のお話は、一人10分間と短かったが、その分、濃いお話が聞けて、とても勉強になった。 この内容で、5,000円であったので、非常に価値が高いと思う。 チャンス☆コーディネーターの、秋田英澪子さんが企画されたという事で、同氏の今後のご活動にも注目したい。

 

◆なぜ、私がこの「出版記念セミナー」の存在を知ったかといえば、1月24日に参加した、水野俊哉さんセミナーで、カワテツさんと名刺交換させて頂き、メールをやりとりする中で、ご本人に誘われたからであった。

チャンスは人に乗ってやってくる

と言われるが、私はこの一年で、それを強く感じている。多くの人は、名刺交換しても、ご挨拶のメールをされてない印象を受けるが、今年一年は

頂いた名刺には必ず、ご挨拶のメールを書く

という、方針を貫いた事で、いろいろと、お誘いを受けることが多くなったように思う。一人一人との「縁」を意識する事で、人脈というものは自然と広がっていくものだと思う。 ◆出版記念セミナー終了後には、懇親会が開催された。(著者の方と、お酒を飲める機会というのは、想像以上に多いものである) 私は、20人ぐらいまでの会ならば、全員とお話させて頂く方針だが、今回は、50人だっただろうか。席が移動しづらい場所だったいうこともあり、この日は「本当に話したい人と、集中して話そう」

と思った。

懇親会に参加する人数や、席の動きやすさなどに応じて、自分の方針を変える

ことは、意外と重要だと思う。この日、最も話したかった人と言えば、何といっても【ミリオンセラー著者の、山田真哉さん】だった。【ピアニストの、南野陽子(なんのようこ)さん】【スーパーサラリーマンの美崎栄一郎さん】と席を囲んで、じっくりお話できて、とても有意義だった。

 

◆ 「話したい人と、話す。」というのは、相手が偉い方や有名な方だと、意外と実践出来ない事かもしれないが、私はいつも次の「ユダヤのことわざ」を心がけている。

偉い人には偉くないかのように接しなさい、偉くない人には偉いかのように接しなさい

失礼にならない程度の自然体で臨むのが一番だと思う。山田真哉さんには、著書にメッセージ付きのサインも頂き、とても良い経験ができた。

 

◆この会でも、非常にたくさんの、意欲の高い方々にお会いすることもできた。例えば・・・

などなど、各分野でご活躍されている個性的な方々と交流ができたので、非常に良い刺激となった。

 

◆カワテツさんには、9月16日に開催された「クロスメディアパブリッシングの 合同出版パーティー」にもお誘いいただき、「図で考えるとすべてまとまる」の著者の、村井瑞枝さんとも、お話させて頂く事ができた。この本は、「読みやすく為になる」素晴らしい本だと思う。今年創設された、ビジネス書大賞biz-tai にて、どう評価をされるかは分からないが、2009年に読んだビジネス書の中で、Myベスト5に入れたいと思う。

 

なお、下記の書評ポッドキャストや、書評ブログは、「今の、自分にとって役立つ本か」を判断するのに非常に役立つので、参考にして頂きたい。

参考:  「新刊ラジオ」での、『明日デキ』書評ポッドキャストへ
参考:  鹿田尚樹さんの「読むが価値」での『明日デキ』書評へ
関連:  「せんちえ」のオススメの目利き達ページへ
Memo02